経営上の法律事項のご相談 | 知的財産の活用に関する契約のご相談

堤法律事務所 事務所のご案内
HOME 主な取扱分野 顧問契約 料金について ご予約の方法 お問い合わせ
経営上の法律事項のご相談

経営全般に関する法律問題への対処

事業を経営するにあたっては、毎日のようにさまざまな問題が出てくるものであり、それらが法律上の問題であることも少なくありません。典型的なものとしては、以下のような事項が挙げられます。

  • 取引先との契約トラブル
  • 売掛金債権の焦げ付き
  • 従業員の問題
  • 社内の内紛(会社支配権、役員問題)  等々

これらの厄介な問題について、様々な事情を伺った上で、アドバイス、交渉、裁判等事案に最も適切な方法により解決へのお手伝いをさせていただきます。

経営全般に関する法律問題への対処

何か新しい取引が始まり、いざ契約書を取り交わすという段階になってみると、これまで社内で使い回しているもの、市販のひな形、相手方が提示した契約書のままでは不十分なことが多いでしょう。典型的なものとしては、以下のような事項が挙げられます。

  • 「今回は例外的な(前例のない)ケースが含まれているが、どう表現すべきか」
  • 「この文言でこちらの利益は確保できるか、どう修正すれば確保できるか」
  • 「他にも検討すべきことがあるような気がするが、それが具体的には分からない」

当事務所では、単に字面を追うようなチェックでよしとせず、取引の全体像やそこで繰り広げられる様々なこと、気になっていること等を伺いながら、契約書案をチェックあるいは修正いたします。
また、不完全とはいえ叩き台があればまだよい方で、そうしたものが手許にないと、一から書き下ろさなければなりませんが、これはとても大変なことです。このような場合でも、当事務所は、取引の全体像等や背景を詳細に伺った上で契約書を書き下ろしてまいります。

その他会社関係文書のチェック、作成

契約書に限らず、事業の経営のあらゆる場面で文書はつきものです。また、最近文書の作成が求められるようになって・・・とお嘆きの方もおられることでしょう。そうした文書の中には、このような文面でよいだろうかと不安に感ずるものもあるかも知れません。 当事務所では、こうした会社関係文書についても、チェック・修正し、あるいは、書き下ろすことも承ります。

ビジネス推進にあたっての法的手助け

新規あるいは継続中のビジネスを進めるなかで、法律的に何か問題がないか、何かよいよい方法はないか、どのような手続が必要か等々の問題が出てくることでしょう。規模が大きい、取り扱う内容が複雑、あるいは、新しい分野である等のときは尚更でしょう。
そういった場合には、「これは弁護士に聞くべきことだろうか」と悩まれることなく、お気軽にご相談下さい。重要な問題と思い悩んだことが実は大したことがなかった、あるいは、その逆だったということはよくあります。
相談におけるやりとりで問題の芽をつみ取る「転ばぬ先の杖」という直接の効果ばかりでなく、ビジネスそのものについてご自身の考えがまとまるようになるという効果も期待できるかも知れません。

 
経営上の法律事項
知的財産の活用に関する契約
不動産
相続
賃貸トラブル
弁護士 堤 健太郎
弁護士 堤 健太郎
  このページのトップ