家賃滞納での強制退去 | 賃貸トラブルのご相談

堤法律事務所 事務所のご案内
HOME 主な取扱分野 顧問契約 料金について ご予約の方法 お問い合わせ
家賃滞納での強制退去

 不動産賃貸オーナー様の思いとしては、

  1. 滞納した家賃を支払ってもらいたい
  2. 賃貸契約を解除して強制退去してもらいたい

 という気持ちになることと思います。

 ここで注意しておきたいのが、一度の家賃滞納だけでは、すぐに契約解除、ならびに、強制退去を求めることはできないという点です。
 そこで、最初の段階では滞納した家賃をいかに回収するかに重点を置くべきです。
 詳しい方法としては、電話や手紙、内容証明郵便を使い、滞納家賃の支払督促を行っていきます。

 家賃を滞納するに至る今までの過程や、置かれている状況によって、どちらに重点を置くかが変わってきます。

 ここで大事なのは、以下のような点です。

  • 何度も催促することを考慮し、段階を踏んで行動や文面のトーンを強くしていくこと
  • 躊躇することなく、借主に対し滞納家賃の支払督促を行っていくこと

 例えば、以下のような点に留意します。

  • 法的手段に関する内容や賃貸契約の解除を予告する内容は後にする
  • 支払督促の手段としては電話→手紙→内容証明郵便のように段階を踏んで行っていく

 ここで重要なのは、もし、借主から支払う旨の申し出があった場合には、合意事項を書面によって確約させることです。

 反対に、家賃滞納から月日が経過し、いつまでも支払がない場合には、賃貸契約を解除して強制退去を求めることが有効であり、結果的に損害が少なくなります。
 賃貸契約を解除をして強制退去を現実的なものとして考える必要がある期間の目安は、家賃滞納から3〜4ヶ月程度経過した頃となります。
 もちろん、家賃滞納の他に、契約違反や通常の使用方法に反する問題行為等があるようであれば、すぐに契約を解除して強制退去を求めることが重要となってきます。


詳しくは以下のバナーをクリックして「家賃滞納・賃貸トラブルの解決」サイトをご覧ください。

家賃滞納・賃貸トラブルの解決

 
経営上の法律事項
知的財産の活用に関する契約
不動産
相続
賃貸トラブル
弁護士 堤 健太郎
弁護士 堤 健太郎
  このページのトップ