家賃滞納・強制退去・明け渡し・立ち退き | 賃貸トラブルのご相談

堤法律事務所 事務所のご案内
HOME 主な取扱分野 顧問契約 料金について ご予約の方法 お問い合わせ
家賃滞納・強制退去・明け渡し・立ち退き

 不動産の活用方法として最もポピュラーなのは、アパート(マンション)や店舗等の賃貸(賃貸借契約)です。
 ただ、その不動産の活用方法に見合わない状況にある方もおられるでしょう。

 そうした有効活用を妨げる最たるものが、家賃滞納や強制退去を初めとする賃貸トラブルです。
 法律が借り手をばかり保護して、貸地(借地)、貸家(借家)の立ち退きが難しいと思っていませんか。

 しかし、借主に問題のある賃貸トラブルについては、周到な計画と適切な法的措置を講ずれば、立ち退きは決して難しいものではありません。

家賃滞納での強制退去

 ここで注意しておきたいのが、一度の家賃滞納だけでは、すぐに契約解除、ならびに、強制退去を求めることはできないという点です。
 そこで、最初の段階では、滞納した家賃をいかに回収するかに重点を置くべきです。

詳しくはこちら

賃貸立ち退き請求

 家賃滞納を理由とする立ち退きの他に、賃貸契約に期間の定めがある場合の「賃貸期間満了」による立ち退きや、「契約条項に違反」という理由から、立ち退きを求める場面もあると思います。
 しかし、賃貸人(借主)保護の観点から、こちらの問題については、「契約条項に違反」または、「賃貸期間満了」という理由だけでは、賃貸人(借主)に対し立ち退きを求めることはできません。実際に立ち退きを求めるためには、他の「より実質的な要素」が必要となってきます。
 それらの勘所を的確に捉え、適切な手段を講じます。

詳しくはこちら

土地賃貸の立ち退き

 アパート(マンション)や店舗等の賃貸物件と同じように、所有されている土地の賃貸借にも、賃料の滞納が理由であったり、賃貸契約期間満了や何らかの賃貸契約違反があったことを理由とする立ち退き請求という問題があります。
 その他には、借地ならではの事例として、借地条件の変更や借地権買取という問題もあります。
 これらの賃貸トラブルについても、事案の内容に即した、適切な手段を講じます。

詳しくはこちら

賃貸トラブルのご相談

 事案の内容に即した適切な手段を見出し、相互の理解を深めるために、当事務所では、顔を合わせるコミュニケーションを大切に考えております。
 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

詳しくはこちら

詳しくは以下のバナーをクリックして「家賃滞納・賃貸トラブル」サイトをご覧ください。

家賃滞納・賃貸トラブル

 
経営上の法律事項
知的財産の活用に関する契約
不動産
相続
賃貸トラブル
弁護士 堤 健太郎
弁護士 堤 健太郎
  このページのトップ